思いこせば数年前。
「オレ、単著を出したいんだよね…。」
そのときから既にいくつかの月刊誌に寄稿などしていた彼は、自信たっぷりに話していました。
「いつかは出すんだろうなー。やるならやってほしいなー」と当時は思っていました。

で、ついにその日が訪れました。

2014/3/1(土)。
彼の単著Android SDK ポケットリファレンス
が、技術評論社より出版されます。
512ページを書ききった彼に、お疲れさまをいいたいです(いや、既に言ったよ!)

そして、彼を支えてくださった担当編集者さん、レビュワーをしてくださった方々に「ありがとう」を伝えたいです。