個人的にハマっている鍋。

この冬、作っている鍋をいくつか。

白菜と鶏ひき肉のミルフィーユ鍋、春雨と一緒に。

  1. 鶏ひき肉・エノキのみじん切り・ネギのみじん切りに、オイスターソース・お酒・塩こしょう・にんにく醤油を適量まぜ、練り込む。
  2. 白菜に(1)のタネを重ね、ミルフィーユ状にする。
  3. 土鍋にぎゅーぎゅーに詰め込む。
  4. 白菜が隠れるくらい、こんぶだしを注ぎ、火を入れる。
  5. 全体に火がとおり、白菜がしんなりしたら、春雨を投入して召し上がれ。

鶏ときのこのしお鍋。

  1. お水に、鶏手羽元・鯛のあら・昆布・しょうが・お酒をいれ、煮込む。
  2. 鯛あらに火が通ったら、別鍋にとりわける(魚くささが出るので)
  3. みりん・塩で味をつける。
  4. 好みのお野菜、豆腐などを入れて召し上がれ。

きりたんぽ鍋。

  1. お水に、鶏手羽元・昆布をいれ、ひたすら煮込む。
  2. (1)に醤油・みりん・お酒で味を整える。
  3. ごぼうのささがき・舞茸を入れ、火が通るまで煮込む。
  4. 鶏肉・キノコ類・セリなどをいれ,火が通ったら、出来上がり。
  5. 食べるときに、きりたんぽ(長い時間煮ると鍋底が焦げやすくなるので注意!しっとりしだしたら、食べごろ。)をいれて、めしあがれ。

きりたんぽは、買わずとも自家製でラクにできるし(ごはんを粒が残るくらいにつぶして塩水でまとめながら棒に巻き付けて焼くだけ。実にカンタン)、ダシを丁寧にとると、大概うまくいくものばかり。

鍋だけに言えることじゃないけれど、お料理のキホンは、ダシにかかっていると思う。
ダシがおいしくとれれば、調味料はあまりいらない。

ひさしぶりに、コンビニ中心の生活を2週間ほどしていたのだけど。
コンビニの味はすぐにあきるなぁとつくづく思った。

フェリシモ「コレクション」
JAL 日本航空
ベルメゾンネット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です