横浜トリエンナーレ2008

横浜トリエンナーレ 公式サイト

先月中旬、行ってまいりました。
今回の作品テーマは「時間」。
時間というモノ自身は、触れることのできないカタチのないものであり、常に変化していく事象。
それをいかに作品に投影し、表現していくかという作業は、思う以上に難しい。

そんなわけで、思い浮かんだコンセプトをメモ。

・どこかを切り取る
・過去から現在へのタイムパスを結果として表現する
・継続させる

表現するとなると、様々な方法がありそう。

ウェブを創っているからといって、ウェブだけで刺激なり情報を得るのは限りがある。
故に、見て触れて、感じることができる、アートイベントにも行くことが、自身の目を育てる上でも必要だと思ってます。

そんなわけで、また近々行く予定。

フェリシモ「コレクション」
JAL 日本航空
ベルメゾンネット

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL