こころをおくる。

「人を訪ねる場合は、なんかしら一品持参しなさい?それがマナーだよ?」
と、両親や親戚に教えられてきました。
それはつまり、心を送る・気持ちを送る、ということなんだとおもってます。

おみやげをえらぶのもすきだし、おくるのもすき。
送る相手のことを思い浮かべながら、選ぶサクセスがたまらなく好き。
そんなわけで、個人的なおみや的なメモを紹介。

東京での鉄板おみや
銀のぶどう シュガーバターの木
 サクサクッとした歯ざわりがたまらない。
ごまたまご
 濃厚な黒ゴマあんとホワイトチョコレートでコーティングされた生地のバランスが絶妙。
東京ばな奈「見ぃつけたっ」
 カスタードクリームと生地のマッチングが最高。

青森での鉄板おみや
ラグノオ いのち
 ふわふわの生地が最高。
ラグノオ パティシエのりんごスティック 
 アップルパイを手軽に味わえます。
ラグノオ 茶屋の餅
 お餅に練りこまれた胡桃の歯ごたえが絶妙。

好評だったおみや
ラグノオパティシエのりんごスティック
 手を汚さずに食べられる・青森らしい・女子受けってポイントが高かったです。
味の加久の屋 いちご煮
 缶詰とは思えない、うにとあわびの極上なスープが好評でした。個人的にも大好きな一品です。
・日本酒 
 いろいろありすぎます。

番外:個人的にいつも買ってるおみや
・もみじまんじゅう
 広島に行く際はいつも買ってます。
醤油コンブ
 ゴハンのおかずに最高。
スタミナ源たれ
 青森県民のソウルフードといったらこれ。濃厚な味がグッドです。
工藤パン イギリストースト
 青森県民のソウルフードのなかでも王道中の王道。東京でも売ってほしい。

楽天などのネットサービスのおかげで、今は帰省したり遠出しなくとも物販を買える環境になった。
だけど、そんな今だからこそ、その地にいって、その地の空気を吸いたいなと思う。