他業種と話すのは楽しい。

東京に住んでいた時は、主にWebデザイン業界のひとたちと関わる機会が多かったのです。
が、Androidと関わることによって、それは一転しました。
プログラム実装できるチカラを持ったプログラマーが羨ましくもあり、脅威でもあり…複雑な心境を持ちつつつき合っています、実際のところ。
中国地方に引っ越してからもそれは変わらず、こちらで気軽に話せる友人は、プログラマーが多いです。

デザイナーがプログラムを学ぶより、プログラマーがデザインを学んだ方が、結果的に戦力になる。
Androidディベロッパーな、わたしの夫を見ていると、つくづくそう思うのです。
プログラマーの方が圧倒的にカンがいいなぁと。
考え方が論理的なかたがデザイナーのそれとくらべて多いですし、目的意識がみえやすい。
Web制作やアプリ制作においてはさらにそれが顕著で、ディベロッパーにすべてを任せてしまった方が早いのではないか?とも思ったりもします。
「はて、デザイナーがこのさきできることはなんなのだろうか?」と。
脅威を感じぜずには、いれません。

しかし、デザイナーだからこそできることもあるのです。
それもまた、ディベロッパーと話をしていると気付かされます。
例えば、

  • 骨組みをわかりやすくすること。
  • ストーリーの具体例を挙げること。
  • +αをくわえること。

などなどです。

わたしは、元々、イラストレーター志望でした。
高校卒業後、進学した先でグラフィックデザインのイロハを学び、そういう方面で生きていこうと考えました。
Webデザインをやっているのは、正直なところ、「流れ」でしかありません。
なので、Webデザインだけではなく、グラフィックデザインもするし、イラストレーションも描く。
表現方法は、目的を実現するためのツールでしかないと、ここ2・3年で気付きました。
フリーランスになると、自ずといろんな方面に関わる機会が増えますから、当たり前なのかもしれませんが。 

そんな自分にとって、他業種のひととと話すことは、

  • デザイナーとしてどう生きていくか
  • どう表現していくか
  • どう変化していくか

をしりうるヒントを得るいい機会なのだと思っています。
これからも、他業種と関わることで、デザイナーとしての強みを強化してきたい所存です。

プログラマーな友人と、夫を交えて、ここでランチ会してきました。
http://tabelog.com/hiroshima/A3401/A340101/34003777/

気軽に入れるビストロで、居心地が大変良かった。
今度また利用しようかと思います。

フェリシモ「コレクション」
JAL 日本航空
ベルメゾンネット
カテゴリー: days

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です