長い目でみていく、ということ。

こどもが英語をはじめてから、1年半程度が過ぎました。
英語はじめました

変わったこと。

  • 英語と日本語、両方のリアクションをしてくる。
  • 海外アニメ・映画は英語じゃないと見たがらない。
  • 英語の歌を歌う(キラキラ星、ABCの歌など)。

年少さんに進級してからは、周に一度、英語の朝会を行っているようで。
「今日はお天気よかったねー」
と聞くと
「It,s a sunny!」
と答えたりも。
どうやら、園で英語の会話遊びをしているようです。

日々やっていることといえば、

  • 英語の歌の聞き流し
  • 単語カード遊び
  • 英語絵本の読み聞かせ
  • 海外アニメなどは英語モード視聴

英語の番組がみたくなるとみずから主張するようになってきたので、英語自体に嫌気はない様子。
その一方で、アンパンマン・ニンニンジャー・プリキュアといったものも率先してみるようになって、英語だけに特化するという考えでもありません。

やりたいことをやらせたい。

わたしは、絵を描くことが幼少時から好きです。

両親(特に母)は、そんなわたしの希望を幼少時から聞いてくれた。
絵に関することであれば、本の購入や美術展観覧など、できる限りの希望を叶えてくれたし、時には批評もしてくれた。
あるときは、保育園で描いた絵を刺繍して、色褪せないままのカタチに残るようにしてくれた。

幼少時の、そういう思い出って、わりと大人になってからも覚えているものかと思います。
ゆえに、わたしも、むすめには”やりたいことをやらせたい”。
やりたいことをやっているときの笑顔ほど、素敵なものはないから。

やりたいことをやるためには。

やりたいたい!と主張してきたときに、やれるような環境つくりが必須。

  • 金銭的には大丈夫か
  • 環境は充実しているか
  • 両親の協力体制がとれているか

親として、子どもの願いはできる限り叶えてあげたいものです。
わたしが両親からそうされてきたように、むすめにもそう接していってあげたい。

長い目で見ていく

英語にしても絵にしても、すぐに上達する・描ける、という風にはなりません。
それは何をやるにしても言えることかと思います。
毎日すこしづつの積み重ねが、結果を成す。

そして、こんなことに気をつけています。

  • 少しの時間でいいから、毎日触れさせる。
  • 飽きないように、長々とやらせない。
  • 固定観念を植え付けない(例えば、「お花はこう描くべきだよ」「空は青だよ」とか。)

特に大事にしたいのは、3項目め。
固定概念は、今の時期のこどもにおいて、じゃまだと思うのです。
いずれ身に付くものだし、今から教え込む必要はない。

こどもにとっての1時間は、大人にとっての1時間に比べて長いのだと思います。
なので、結果を焦ることなく、今の時期くらいは長い目で見てあげたい。
成長するに従って、結果を求められることになるのだから、尚更ね。

フェリシモ「コレクション」
JAL 日本航空
ベルメゾンネット

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL