Reflection、しびれる。

14のとき、CMで流れていたReplayを聞いて以来、虜になったんだ、ミスチルの音楽に。
ナチュラルで清々しいけれど、どこかしら青臭くって、10代の香りがしたんだ。

それから数年後、シーラカンスを聞いて衝撃が走った。
ああ、新しい扉をノックしたんだなぁって。
泥臭くて、大人の皮を被りはじめて、あれ?青臭さはどこに消えたの?って思った。

突然の活動停止、待ちわびた活動再開。
また新しい音楽とともに戻ってきた。
今度は少しだけ青臭さも取り戻してきてた。
おかえりなさい!て感じ。

そして、今作。
良い、すごく良い。
それ以外のコトバはいらない。
泥臭さも、青臭さも、混沌さも、眩しさも、すべてが一緒になった1枚。

Reflection
最高。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です