イラストレーション

個人で受けている案件は、ウェブが主です。
其れと一緒に、イラストも込みで、と依頼されることがしばしば。
Portfolioのほうに作品を掲載しておるのですが、そのときに聞かれること。
「どんな風に描いておるのですか?」

ということで、こういったエントリーを書いてみます。


自分的イラストレーションの描き方。

1)使う道具。

・マウス
・ペンタブ
・スキャナー

・Adobe Illustrator
・Adobe Photoshop

バージョンはCS3がお勧めです。
使いかっても大幅によくなりました。
特に、イラレのプクット機能(謎) とか消しゴムツールとか最高。

2)かきかた。
Adobe Illustrator&マウスで描いてます。
基本的に、ラフ→トレースという工程で進めます。

また、各題材によって、描き方も変えます。

ケース1:キャラクター
はんなり

ラフ→スキャン→イラレでトレース→フォトショで加工
人物画を描くときは、たいていラフ→スキャンという工程を踏みます。頭の中でイメージしやすくなりますし、仕上がりは断然よくなる。
ケース2:挿絵風
快適転勤

ラフ→見ながらイラレで直描き。
ラフはイメージつくりのためだけに描いてます。
そう、イメージつくりのためだけです。

・・・実は、この画風で!とお仕事をいただくケースが多いです。
特にWeb用が多いですね。
枠取りせずに、グラデーション多様にし、さらりとした風合いに仕上がるようにはしております。

どちらのケースの絵を描くにしても、イラストレーション制作に必須なのは、精神の集中。
それこそ、食事をとる時間も省くくらい。
イラストレーションは、昔からの趣味でもあるし、特技でもある。
手間をかければかけるだけ、愛着がわく。
Webデザインも好きですが、イラストレーションは、自分にとって別格。

ですので、今後はイラストレーションの仕事も増やしていきたいですね。

フェリシモ「コレクション」
JAL 日本航空
ベルメゾンネット

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL