ひとつだけ、でいい。



いいなぁと思う部分がひとつあれば、すべていいなぁと思える。
自分は、そう信じたいし、そうありたい。