Creative Suite 2 Debut Fair

茹だるような暑さの中、行って来ました。
Adobe Creative Suite2 Debut Fair

CS2の新機能セッション、Adobe社のこれからの展望、提携会社の紹介。
ざっとこんなかんじでした。
CS2は、ホントにすごい。
ツールが充実しきってる。

■illusutrator
・ライブトレース・ライブペイント
手描きのイラストがあっという間にデジタル化
・Photoshopフィルタサポート
Photoshopはもういらない、かも

■Photoshop
・Camera Rawワークフロー
複数のRaw画像を同時処理。
・バニッシングポイント
画像の遠近感を自動的に調整、加工。
・スマートオブジェクト
イラレからコピペな場合でも、ベクトルグラフィックの画質が保たれます。

■InDesign
・オブジェクトスタイル
オブジェクトスタイルパレットでフォーマットを自由自在に変化・適用
・スニペット
位置情報を保持したまま配置可能

■GoLive
・CSS機能の強化
CSSベースなサイトを手早く構築
・ライブレンダリング機能の強化
モバイル閲覧時の状態を即座に表示
・モバイルデバイス用コンテンツのプレビュー
モバイルコンテンツが簡単に制作可能

使いようでは素人と我々クリエイターとの差がなくなってしまうかんじ。
博報堂・佐野さんの言葉を借りるとすると。
「クリエイターは追い込まれる立場になった。これからはアイディア勝負」

佐野さんのトークセッションはいちばんためになった。
創ったモン勝ち、というかヤッタモン勝ち、というか。
固定観念にとらわれず、自由な見方をすることが必要なのだと。
実際、TBSやラフォーレのデザインの見方は面白かった。
ああ、そんなんでいんだなぁと。
カシワさんの話題も若干出て、個人的には大満足。
やっぱ、クリエイターのお話聞くのは中々刺激になるな。